奈良 和菓子 / 鶴屋徳満

季節のお菓子


吉野は風雅な千本桜、本場の熱いくず湯は風味豊かです。夏は冷やしてお召し上がりください。

夏のお菓子達、冷やした美味しさは格別です。吟味した材料と培った技術により精製いたしました。

冬はこたつであったかしる粉、コップ一杯の熱湯でよくかきまぜていただきますと風味豊かに香ります。

中国の楚に起源する粽は笹のもち和菓子として瑞午節の縁起物、最高級のおもちをお召し上がりください。
現在販売しておりません。

 

きなこ、黒みつ、白みつを合わせた吉野くず餅はその風味、香ともに暑中涼味の逸品としてお勧めです。

春告げるお水取り、二月堂の椿樹は御行を清楚な佇まいで見守ります。この名椿にちなんで生まれました。
販売期間:1/20〜3/末まで

吉野川の清流、きらめく水面に踊る鮎たちはやまと吉野の自慢です。イメージを夏のお菓子にしてみました。

お水取の行は若狭井(閼伽水)から汲みあげた聖水を御仏にささげます。この清らかさをお菓子にイメージしてみました。
販売期間:1/20〜3/末日まで

▲このページの先頭に
Copyright (C) 2008 TSURUYATOKUMAN. All Rights Reserved.